×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

革 バンド

革のバンド

腕時計に使われる革バンド。時計の魅力や、センスを光らせるアイテムですよね。革バンドの仕立ての種類は大きく分けて4種類あります。

へり返し仕立て、フランス仕立て、半へり仕立て、カッティング仕立ての4種類で、その仕立てによって印象も変わります。たとえばへり返し仕立ては高級感を感じさせる仕立てです。耐久性もありますが、技術がいる仕立てといわれます。

フランス仕立ては、ほとんど手作業なため手間がかかります。価格が手ごろで耐久性があるのが特徴です。

カッティング仕立ては機械化ができ、低コスト価格も安いです。革のバンドが柔らかくできるのが特徴ですが、耐久性が悪いという面もあります。

このように革のバンドの仕立て方法は様々なので、一度自分の時計の革バンド部分の仕立てはどうなっているのか、調べてみるのもいいと思いますよ。

オススメ革バンド時計

革バンドと時計は切り離せない関係です。お勧めの革バンド時計を、いくつかご紹介します。

タグホイヤーはホイヤーの名前でもおなじみの人気の時計ブランドです。一生使う時計としても愛用者の多い、デザイン性と機能性にも優れたブランドです。クロノグラフやモナコなどのシリーズが人気があります。このモナコはステンレスのバンドが基本なのですが、革のバンド愛用者も多く、革のバンドに変えて使っている人もたくさんいます。

革バンドは通常、3年くらいの目安で交換するのをお勧めしますが、もし交換するのであれば、やはりタグホイヤー専門の革バンドに交換したほうがいいですね。タグホイヤーの革バンドはとても高級感があって、時計の美しさをひきたててくれます。手もとのおしゃれとしても、時計の革バンドというのは重要なアイテムだと思います。

もうひとつ高級時計の代名詞ともいえる、ロレックスの革バンドについてご紹介します。

革バンドタイプのロレックスの時計は、重厚感、高級感ともに申し分ない商品です。革バンドのロレックスは、スチールバンドとは違う温かみがあると思いませんか。ロレックスは、高価で一生ものの時計ですから、慎重に選びたいものですね。

スポンサードリンク

看護士の仕事内容は?